安心して受診を

困る

泌尿器科での診察は、病気によっては患部を直接医師に見せなければならず、そのことを避けたいがあまり病気の発見が遅れてしまいがちです。放置すると悪化してしまうので、安心して受診できる泌尿器科を池袋で探してみましょう。

詳細を確認する

まずはお医者さんに相談を

性病に関する情報をお届けしています。梅毒の感染経路や症状などをチェックしましょう。治療するなら早めが大切ですよ。

病気の現れともなる、突然の尿漏れを完璧に抑えるなら、こちらから対処法をGET!多くの人が高い改善効果を得ていますよ。

治療を受ける理由

困る

尿漏れは生活の質を著しく低下させ、外出中は不安を感じながら行動しなくてはいけなくなります。トイレに行けない状態が長く続くと集中力も切れてしまい、うまくコントロールできなくなります。尿漏れ患者は女性に多く、ふとした衝撃によって尿が漏れてしまったなんてことも多くの方が経験しています。尿漏れを自覚していない患者の多くが一時的なものであると考え、病気であると認識していません。このような状態では尿漏れは解消することはおろか、少しずつ悪化していくことも考えられます。現在では尿漏れに対する意識も変化しつつあり、積極的に受診する患者も増えてきました。恥ずかしいからと行動に移さなければ治るものも治りません。まずは専門のお医者さんに相談してみましょう。

種類別特徴

尿漏れの種類は多岐にわたります。咳やくしゃみなどの衝撃で尿が漏れてしまうケースは腹圧性尿漏れと言われ、生活のあらゆる場面で尿漏れが生じます。更年期や閉経を過ぎてからひどくなったり、出産経験の多い方もこの腹圧性尿漏れに苛まれやすいのです。急に尿がしたくなり、トイレまで我慢できずに漏らしてしまうのが切迫性尿失禁と言われています。外出中などトイレに行けない状態が長く続くと排尿のコントロールができなくなって漏れてしまいます。男性では前立腺肥大が原因となることが多く、検査をして適切な治療法を受ける必要があります。その他には尿を出したいのに出せず、少しずつ出てしまう溢流性尿失禁、運動機能の低下や認知症が原因で引き起こされる機能性尿失禁などがあります。

泌尿器外来知ろう

医者

泌尿器科は尿路や生殖器全般の診療を行う。女性の場合産婦人科で診療を受ける場合もあるが、より専門的な治療を受けるためには泌尿器科が適切。現泌尿器科は患者のニーズに合わせて変化するべき。相談しやすい環境を作ることが今後の課題。

詳細を確認する

泌尿器外来のあれこれ

看護師

妊娠中などは産婦人科の担当医にまずは相談する。泌尿器科での初診時は電話で治療を受けられるか質問しておく。通いにくい場合は病院を探す。泌尿器科は若い男女や子供も受診する。尿路や生殖器に違和感があれば受診する。ただちに異常がない場合でも、年配の男性は前立腺がんのために診察を受けるべき。

詳細を確認する