親しい人で故人を見送る葬儀

遺族をおくる方法の一つに「家族葬」があります。近年この方法が選ばれる機会が多い理由を確認してみましょう。

家族葬に適した式場例

  • 自宅
  • 町内会館
  • 火葬場併設の公営斎場
  • 民間斎場
  • 小規模な寺院斎場

門真で親しい方だけで故人を見送る【家族葬について知る】

手

家族葬とは何か

「家族」と名前についていますが、遺族だけでなく親族や親しい方も含め小規模で行う葬儀の事です。近年では、遠方からわざわざ弔事に来てもらわなくても良いと思われる人が増えていることもあり、葬儀の方法として選ばれる機会が多くなっています。門真でも家族葬のプランを複数提案できる葬儀社があるため、確認してみると良いでしょう。

女性

家族葬が増えている理由

昔よりも平均寿命が高くなり老後の時間が長くなっている事も家族葬が増えている要因の一つです。死期を迎える頃に、親族以外に交流のある人が少ないことも珍しくありません。その為、会葬をお願いする人が少なく、小規模な葬儀が選ばれるようになっているのです。

葬式

遺族の負担を減らす

親族や親しい方に限定して執り行うことで、遺族の精神的負担と葬儀費用を軽減する事もできます。また斎場を使用せず自宅で葬儀を行うのであれば、斎場費も必要となりません。自宅での葬儀が無理な場合でも、小規模で安価な式場を借りられる場合も多く、遺族の金銭的負担を減らすことができます。

故人をしっかり見送る為

葬儀は故人にとってどう見送られるのが良いのか、何を望まれていたのかをよく考える必要があります。しかし生前から残される遺族の負担を減らすために、家族葬を希望される方も少なくありません。故人の希望と照らし合わせ、葬儀を進めることが重要なのです。

広告募集中