初めての葬儀で考える事

年を重ねると葬儀に参列する機会も増え、親族の葬儀についても考える事があります。しかし、実際にやってみなければわからないことが多く、作法や葬儀方法に頭を抱える人もいると思います。高津区にも信頼できる葬儀社があり、事前相談が可能な事もあります。葬儀に関して悩まれている方は相談してみると良いでしょう。

葬儀のスタイル

一般葬

生前、関係があった方々に参列してもらうスタイルで、みなさんが想像する一般的な葬儀です。香典収入により遺族の金銭的負担が軽減されます。

家族葬

葬儀の内容は変わりませんが、参列者を限定する葬儀です。一般の方と故人のお別れのタイミングはありませんが、家族や親族で通夜と葬儀式を行います。

お身内葬

親族に限定した家族葬と違い、参列者を明確に限定しません。告別式の際には親しかった方も参列します。香典を持ってくる方もいるため、受付や返礼品などおもてなしの準備が必要となります。

直葬

火葬式とも呼ばれます。通夜や宗教的儀式を行わず、故人を火葬します。葬儀式を行わないため、親族の理解を得ることが大切です。

密葬

参列者を呼ばず、家族のみで通夜と葬儀式を行う方法です。告別式は行わず、後日、本葬の際に故人の関係者に参列してもらいます。

高津区にお住まいで葬儀に悩まれている方必読

花

葬儀の前に宗教の確認

葬式には宗教的儀礼が必要となる場合がほとんどです。宗教によって葬儀のスタイルや手順も異なります。また、宗教の中でも宗派によってマナーが異なる場合もあります。葬儀は故人や遺族が属している宗教の儀礼によって行う必要があります。仏教式の葬儀であっても、宗旨宗派でなければお寺などのお墓に入れないこともあるのです。

葬儀に違いがある理由

葬儀に違いがあるのは宗教で生と死の考え方が異なるためです。葬儀の方法や作法は、その宗教における死生観から伝統的に作られているのです。例えば、仏教では死者に戒名を授け仏弟子になるための儀式となっている事がありますし、神式の葬儀では霊魂を神として祀る儀式となっているなど違いがあるのです。

葬儀を通じて死生観を知る

私達の生活は個人の信仰意識に関係なく、宗教に関わる文化や習慣があります。例を挙げると日曜日を休日としているのはキリスト教の文化であったり、盛り塩は葬儀の際の清め塩から生まれた習わしであったりします。そうしたように私達の生活には様々な宗教の文化が影響しています。葬儀はそういった宗教の文化や死生観に出会える機会でもあるのです。

葬儀社に相談した方の声

心づかいに感謝してます

初めての事で不安なことばかりでしたが、親身になって対応してくださり無事終えることができました。細かい所まで心づかい頂きとても良かったです。

迅速で信頼のできる対応をしてくれます

電話担当者の方の口調が優しく、安心して相談できました。忙しさと不安の中で信頼して任せられる安心感があったのはとても嬉しく思いました。

配慮に助けられました

礼品の突然の変更にも迅速に対応いただき助かりました。こちらの確認不足にも臨機応変に対応頂け滞りなく終えることができました。

初めてでも安心して任せられました

担当者の方には何度も足を運んでもらい感謝しています。わからないことばかりで質問することも多かったのですが、親切に対応して頂けました。

広告募集中